地方での住宅購入|憧れの土地で注文住宅でマイホームを建てよう

憧れの土地で注文住宅でマイホームを建てよう

地方での住宅購入

つみき

名古屋のベッドタウン

愛知県のベッドタウンとして隣県である岐阜県があります。愛知県は工業地帯として自動車関連の企業が多く集まり、愛知県内・岐阜・三重の東海3県から通勤する人は多いです。とくに名古屋市は中部地方の中心であり、経済や人が集中する拠点で将来はリニアモーターカーの停車駅として、さらなる経済発展が見込めます。愛知県の西隣にある岐阜県は新幹線停車駅が県庁所在地以外にある珍しい地区で、県庁所在地の岐阜市は私鉄とJR線が離れて駅を持つアクセスが不便な地区でもあります。近年は駅前に高層マンションが建ち、名古屋のベッドタウンとして栄えたことから、駅前の新築マンションを購入する人が増えました。名古屋市よりもマンション価格が安く、JR線で名古屋まで20分程度という点が購入のポイントです。

一戸建てを購入するなら

岐阜県で新築一戸建てを購入する場合、県庁所在地の岐阜市より周辺自治体の人気が高いです。とくに、岐阜県西部の大垣市の場合、JR線で名古屋まで30分以内で土地価格が岐阜市に比べて安く、駅周辺にはショッピングモールや百貨店、商店街があり、駐車施設も充実しています。大垣市内にはインターチェンジが2か所あり、遠方へのお出かけにも便利です。大垣市は岐阜市に無い機能を持ち、利便性の高い立地となります。大垣市は元々、水の都と言われており、地下水が豊富でかつて繊維産業が盛んでした。旧繊維工場であった場所が現在では、ショッピングセンターや大手医療機関へと変わり、その周辺には新築一戸建てや建売住宅が増えました。大垣市に新築住宅が増えたことが人口をも増やし、周辺環境を変化させています。